ラスベガスカジノ 服装ルールは消滅

  • 投稿日:
  • by

ラスベガスカジノ 服装の最近は、昔と全く変わってたね。これは自分も行って、体験をしたので間違いありません。

びっくりする事に、普段着のままで入場出来るとゆうよりは、そうしないと逆に、場違いな雰囲気すら漂う程になってたんです。

自分もラスベガスカジノ 服装の事は、情報として掴んでいた為、普段着を選択。それで全く問題無かったよ。まー、ちょっとガッカリを感じたぐらい。

自分の場合、ラスベガスカジノ 服装のイメージと言えば、礼服を着たような人が大勢いて、ドレスコードを決め、何処を見渡すも富裕層ばかりとゆうようなイメージだった訳。

ラスベガスカジノ 服装はもう消滅、気取らず当たり前のように行ける場所へ変化。

特にこれでなければならない決まりもありませんから、まず何を身につけようと、半そで半ズボンもOKだから、持参する荷物が増えずラッキー。

ブラックジャックで遊びまくり、数時間経過後は持参金が倍に増えた。さっさと引き上げよう。

脳内で文句垂れる

  • 投稿日:
  • by

買い物来てます。今年は、よぼよぼ、寝たきりの御婆様へプレゼントを贈る為。正直、60代 美白化粧品、どれ買えばえーか不明。

結局、店内一周、見つめて終わりそー、困った。でも店員へ聞きずらい事。くっ、大体何?そげん歳でメイク価値・効果あり?

もー本当!困り者!と、愚痴愚痴脳内で文句垂れるも、状況変わらず。60代 美白化粧品だって、既に地肌がアレじゃ、修正しよーがありません。

「大丈夫ですよ!お客様!」ちょ、店員!別に聞きてぇ事は...、放置の方向!「NO、導くが我々の務め。60代 美白化粧品をお探し?」

何故それを?「先ほどから、ずっと見てます」む、鋭い観察眼、洞察力。只者では...。「ふふ、実は私...、プロ」そりゃ担当コーナーだから、当然じゃん。

「60代 美白化粧品は誰に?身内、ご友人?」一応...親戚?旦那の母で、正直乗り気せず。「左様か、BESTな売れ行きアイテムを如何?」

ベストは安い?「むー、やや高め」」却下!予算は二千円内。「安っ...」

採用基準がズレてんじゃね

  • 投稿日:
  • by

けれど、教えている最中に目の前で、仕事に関係ない話をベラベラ話し始めるわ、仕事中に携帯いじりだすわ、ちっとも研修を真面目に受けなかったので、見て呆れてしまう。

まぁ当時は私も若かったので、嘗められてるところはあったかもしれないけど、今の厳しい就職活動を乗り越えて入社したのが、こんなヤツラなのかよ、と正直ガッカリ。

他にも新入社員は来たけど、真面目にやってる子や、何でも細かく質問してくる子とかもいるのを見ると、こいつら本当に何なんだろうと思う。

東京本社に勤める幹部候補生で、こういった地方の営業所の地味な仕事なんて、どうせ関係無いと思っているのかもね。

けど、実際に利益を生み出してるのは、こっちだというのに!あー、今思い出すだけでも腹立つー。ホント、何でこんなやつらが採用?

甘く見すぎてごめんなさい

  • 投稿日:
  • by

今「天才志村動物園」を見てたんだけど...チンパンジーってあんなに頭良かったんだね、超ビックリした!

デジカメで写真撮ったり(しかもちゃんと被写体を認識して)、切符を買って自動改札を通ったりもう本当に凄かった!

私は動物を飼ったことは無いんだけど、知人の犬を預かった時に「犬ってこんなに頭がいいんだ!」と思ったこともあるから、考えてみたら人間に近いと言われるチンパンジーなら、それぐらい出来て当然なのかもしれないね。

動物を甘く見ていました。ごめんなさい。

一度一緒に遊んでみたいなー。一般人には叶わないことだろうけど。遊んでみたいだけで飼うのは無理だしなぁ。馬かペンギンを飼うのが夢なのです。

まぁこれも叶わないかなと思うけど、夢を持つだけなら自由じゃないか!